【1年間無料】楽天ひかりの特典と4つの注意点、向き不向きの特徴を解説

楽天ひかり
スポンサーリンク

自宅に安くて快適なネット環境が欲しい

私は楽天ひかりの条件に向いているのかな?

楽天ひかりの特徴と注意点が知りたい

こんな悩みを持っていませんか。


楽天ひかりは楽天モバイルを契約していると、1年間無料の特典がついています。

とてもお得なキャンペーンですが、あなたの生活スタイルによって向き不向きがあります。


そこでこの記事では、楽天ひかりの特徴や注意点の紹介、どんな人にお得なサービスなのかを解説していきます。

こんにちは。スーヒロです。

この記事内容を参考にして、楽天ひかりを契約するかどうかの判断基準にしてくださいね。


結論から言うと、楽天モバイルユーザーにはとてもお得な光回線です。

それではまず、楽天ひかりの特徴と料金について解説していきます。

\楽天ポイントが貯まる/

楽天ひかりの向き不向きだけ知りたい方はこちら

楽天ひかりの基本情報

出典:楽天ひかり公式サイト

楽天ひかりは、楽天モバイル株式会社が提供しているインターネット接続サービスです。
NTTが提供する光回線とプロバイダーが一体型になった楽天グループのサービスとなります。

そんな楽天ひかりの大きな特徴は次のようになっています。

楽天ひかりの特徴
  • キャンペーンが魅力的
  • 通信速度が速く通信し放題
  • 楽天ポイントが貯まる


ひとつずつ見ていきましょう。


キャンペーンが魅力的

1つ目の特徴はキャンペーンが魅力的なことです。
契約してから1年間は月額料金がとてもお得になります。


☆楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT VI)に契約中の方
 ・・・月額料金1年間無料

☆楽天モバイルに契約していない方
 ・・・月額料金1年間2,000円割引き

楽天モバイルに契約中の人は、楽天ひかりにいつ申し込んでもキャンペーンが適用されるよ!

これから楽天モバイルを契約する人は、楽天ひかり申し込みから翌月の15日までに楽天モバイルに申し込めばキャンペーン適用になるよ!


楽天モバイルは
✅契約手数料無料
✅SIM発行手数料無料
✅解約料無料
✅1GB未満のデータ通信量で月額料金無料
✅通話アプリ使用で通話料無料


などの特典がついてます!

楽天モバイルについて詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。


通信速度が速く通信し放題

楽天ひかりは超高速回線のIPv6に対応しているため、高速通信で通信し放題です。

IPv6とは

インターネットのデータやりとりをするための新しい通信規格のことです。
今までのデータ通信に比べて、ピークタイムでも速い!都心エリアでも速い!といった特徴があります。
IPv6を利用するにはIPv6に対応したWi-Fiルータが必要になります。


オンライン会議、高画質動画、オンラインゲームなどをする時もストレスフリーでできるね!


楽天ひかりの通信可能エリアは、NTTフレッツ光の提供エリアと同じです。
NTTフレッツ光は、ほぼ日本全国で利用できます。

つまり、楽天回線エリアかどうかは関係なく通信することができます。

フレッツ光のエリアはこちらから住所を入力して確認できます。


楽天ポイントが貯まる

出典:楽天市場

楽天ひかりはSPU+1倍の対象になっています。
SPUとは楽天市場でお買い物をするときにのポイントが貯まりやすいサービスのことです。

楽天でよく買い物する人には嬉しいサービスですね。

もちろん月額無料期間中もSPUの対象になるよ!

楽天ひかりと楽天モバイルを両方契約している人はSPUが+2倍になるよ。


楽天ひかりの料金

楽天ひかりの料金は次のようなものがあります。

  1. 月額基本料金
  2. 初期費用
  3. 解約金


ネット回線の料金って複雑で分かりづらいんだよなぁ~

大丈夫です。
分かりやすく説明するので、契約前にちゃんとチェックしておきましょう。


月額料金はいくらかかる?

月額料金はマンションプラン(集合住宅)ファミリープラン(戸建て)で料金が違います。
また、楽天モバイルを契約している場合と、回線のみ契約している場合でキャンペーンの内容が違います。

下の表にそれぞれ条件別にまとめました。

回線のみの契約1年目2年目以降
マンションプラン(集合住宅)1,980円4,180円
ファミリープラン(戸建て)3,080円5,280円
楽天モバイルを契約中
または回線とセットで契約
1年目2年目以降
マンションプラン(集合住宅)   0円4,180円
ファミリープラン(戸建て)   0円5,280円


楽天モバイルを契約していなくても、1年目の料金は他社と比べて破格の料金です。
楽天モバイルを契約していれば、1年目の料金0円は嬉しいですね。

自分の家がファミリープランなのか?
そもそもネット回線を引けるのか分からない・・・


そんな方は、フレッツ光のサービス検索で光回線がひけるかどうか、マンションプランなのかファミリープランなのか簡単に確認できます。

東日本に住んでいる方は東日本フレッツ光
西日本に住んでいる方は西日本フレッツ光のHPから確認してみてください。


私はアパートに住んでいるのですが、フレッツ光で調べたらファミリープラン(戸建て)の物件に分類されました。


契約前に自分がどのプランになるのかをしっかり確認しておきましょう。


初期費用は何が必要?

初期費用は工事費用と初期登録費用がかかります。
どちらも、光回線をすでに開通しているかどうかで料金が変わってきます。


🔹光回線開通している場合🔹料金 
工事費用0円
初期登録費用1,980円
合計1,980円
🔸光回線開通していない場合🔸料金 
工事費用19,800円
初期登録費用880円
合計20,680円
工事費用は36回分割払い(月550円)

光回線をすでに開通している場合は、契約しているサービスの解約料が別途かかる場合があります。

初期費用のほかにWi-Fiルータなどの周辺機器が必要になる場合があります。


賃貸物件の人で光回線が通ってるか分からない人は、管理会社に確認すると教えてくれるよ。

楽天ひかりは、工事費用のキャッシュバックや解約金保証はないから注意しよう!


解約金や契約期間の縛りはある?

解約金や契約期間の縛りはあります。

契約してから3年以内に解約すると解約金10,450円かかります。


3年経った後も、契約更新月以外のタイミングで解約すると解約金10,450円かかるので注意してください。

解約するタイミングに注意

・3年未満 → 解約金10,450円
契約後37カ月目 → 解約金0円
・契約後38カ月目~72か月 → 解約金10,450円
契約後73カ月目 → 解約金0円
   ・
   ・
   ・


解約金がかかったとしても、1年目の月額料金0円などのキャンペーンを考えると、トータル楽天ひかりの方が安い場合もあるよ!


料金プラン他社比較

料金について他社プランと比較すると次のようになります。

ドコモ光ソフトバンク光ビックローブ光
月額料金
(ファミリープラン)
1年目:3,080円
2年目~5,280円
5,720円~5,720円5,478円
月額料金
(マンションプラン)
1年目:1,980円
2年目~4,180円
4,400円~4,180円4,378円
初期登録費光回線開通済:1,980円
光回線未開通:880円
4,180円3,300円3,300円
契約期間3年間2年間2年間3年間
解約金10,450円戸建て:14,300円
マンション:8,800円
10,450円11,900円
光回線比較表(税込み)


1年目の月額料金は圧倒的に楽天ひかりが安いね!

2年目以降の月額料金を見ても楽天ひかりは最安クラス!

\他社プランより安い/


楽天ひかりに向いている人

楽天ひかりの特徴をふまえると、次のような人が楽天ひかりに向いています。

こんな人はおすすめ

楽天モバイルユーザー
楽天ポイントをよく使う
自宅でネットをよく使う
自宅に光回線がすでに開通してる


楽天モバイルユーザなら月額0円で楽天ひかりが契約でき、楽天ポイントもザクザク貯まりやすくなります。

また、光回線が開通済みであれば工事費用が0円になり、時間もお金も節約することができます。

楽天サービスをよく使う人はとてもおすすめだよ!


楽天ひかりに向いていない人

次のような人は楽天ひかりには向いていません。

おすすめしない人

3大キャリアを利用している
自宅に光回線が開通してない人
ローン・分割払いが嫌いな人
楽天カードを持ってない


auやドコモ、ソフトバンクでスマホを契約している人は、そちらのキャンペーンや割引を使った方がお得になる可能性が高いです。

光回線を開通させる工事費19,800円かかり、解約月以外に解約すると解約金10,450円も発生してしまうので、新しく光回線を契約する人にとってはハードルが上がります。

楽天のサービスを普段あまり使わない人は、おすすめじゃないよ。

楽天ひかりのサービスが魅力的だったら、楽天経済圏に乗り移るのもありだね!


楽天ひかり契約前に確認したい4つの注意点

楽天ひかりに契約する前に気を付けるべき点はある?

このような疑問を解消するために、注意点を4つ紹介します。

注意点

1.SPU改悪の可能性がある
2.工事費は分割払いしか選べない
3.ポイント払いができない
4.ルーターは自分で用意する必要がある


契約前に知っておけば対策もとれるので、しっかり理解しておきましょう。


注意点1:SPU改悪の可能性がある

楽天経済圏はここ数カ月の間で何度もSPUの改悪をしてきました。
今後楽天ひかりもSPU改悪の対象になる可能性はあります。


楽天SPU改悪まとめ
  • 楽天ペイのオンライン決算ポイント還元2% → 1%
  • お買い物マラソン上限獲得ポイント10,000 → 7,000ポイント
  • 楽天ゴールドカードSPU+4倍 → +2倍
  • 楽天TVのSPU+1倍 → SPU対象外
  • 楽天カード公共料金支払いポイント還元1% → 0.2%
  • 楽天でんきSPU+0.5倍 → SPU対象外

上記のようなサービス改定がここ数カ月の間に起こりました。
楽天ひかりは今のところSPU+1倍の対象となっていますが・・・

Yahoo!ニュース:改悪続きの楽天経済圏と他の経済圏の特徴を比較


SPUが改悪されても、1年目の月額0円などのキャンペーンはとてもお得だよ!
SPUはおまけ程度に考えておこう。


注意点2:工事費は分割支払いしか選べない

光回線を開通するための工事費は分割払いしか選択できません。
つまり借金・ローン返済となります。(利子は無し)


出典:カイジ

借金と聞いてこんな拒否反応を起こしてしまう人は注意してください。

解約する際に工事費の残額が残っていたら残額一括返済になります。


逆に”初期費用で大きな支出が発生しない”というとらえ方もできるよ!


注意点3:ポイント払いができない

楽天ひかりの月額料金はポイント払いができません

楽天ポイントをたんまり貯め込んでいて、使い道に困っている人は要注意です。


支払い方法で楽天銀行以外の銀行口座で支払いをする場合は手数料110円/月かかります。
クレジットカード支払いなら手数料無料で支払いが可能です。

支払い方法を楽天カードにしておくと1%ポイント還元されるよ!


注意点4:ルータは自分で用意する必要がある

楽天ひかりの高速通信IPv6を利用する場合は、規格に対応したルータを自分で用意する必要があります。
(少し前にルータプレゼントキャンペーンをやっていましたが終了したようです)

IPv6に対応しているルータはこちらをご確認ください。
楽天ひかりのIPv6(クロスパス)対応ルーター(楽天ひかり公式HP)


もしルータ選びに迷ったら、下のおすすめから選んでね。


まとめ 楽天ひかりと楽天モバイルで通信費を快適に

今回紹介した「楽天ひかりの向き不向き」を参考にすると、楽天ひかりを契約するべきかどうか悩まずに済みます。
自分に合った最適なプランを選んで、快適なネット環境をGETしましょう。


最後にもう一度、内容の確認をしましょう。

まとめ
  • スマホと光両方契約で月額料金が1年間無料
  • 楽天ひかりを使うと楽天ポイントが貯めやすくなる
  • 3年以内での解約で解約金が発生するので注意


高速通信がいつでも使い放題!
自宅に光回線をつなげばネット環境にイライラすることが減ります。

スマホも光回線も月額費用を安く快適に使いこなしてくださいね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


\月額料金0円/
\1GB未満で月額料金ずっと無料/

コメント

タイトルとURLをコピーしました