転職失敗!?知っておくべき内定通知書の年収額注意点と対策

失敗談
スポンサーリンク
サラリーマン
サラリーマン

最近給料が上がらないし、なかなか昇給できないから転職を考えてるんだけど、本当に年収UPするのかなぁ。。。。

OLさん
OLさん

年収アップする転職について注意点と対策があったら教えてほしい。

そんなお悩みをお抱えの方、この記事に出会ってよかったです。(^^)
年功序列という制度を無視して年収をUPさせる方法。
それが転職です。


私自身、2020年5月に7年間務めた会社を辞め、転職をしました。
内定通知書によると、100万円ほど年収がアップするはずでしたが、、
実際には年収ダウンしました↘↘


今回はなぜ年収アップに失敗してしまったのか
その理由と対策について実体験に基づいてご紹介しようと思います。

ポイントは福利厚生と賞与です。


皆さんには失敗してほしくない。
そんな思いで書きましたので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

◎この記事で分かること◎
・内定通知書の年収額について確認しておくこと
・転職先の労働条件が違っていた場合の対策

転職後の聞いてないよ問題

サラリーマン
サラリーマン

・10年以上勤めてるのに全然給料上がらない。。。
・うちの会社はリモートワークに対応しない。。。
・ネットサーフィンしてる上司より給料低い。。。
・残業が多すぎて自分の時間が欲しい。。。

日々こんな不満があり転職を考えている人も多いのではないでしょうか。
どうせ転職するなら今の年収より高い給料で働きたいですよね。

私も同じような不満があり、年収UPを目指して転職をしました。

実際には、その時に勤めていた会社よりも高い年収を提示して頂いた会社に転職することができました。
それが今勤めている会社です☆彡

ですが、入社1年目の年収はかなーり下がりしました(´;ω;`)ウゥゥ

無事入社が決まり、しばらく新しい職場で仕事をしていく中で
実際にこんなやり取りがあったんですね。

スーヒロ
スーヒロ

社員寮に入りたいんですけど。

人事部の人
人事部の人

社員寮は会社の近くに実家がある人は入れないよ

え。。。。。

スーヒロ
スーヒロ

コロナの影響がありますが、
賞与ってどれくらいもらえるんですか?

人事部の人
人事部の人

入社してから1年間は賞与出ないからね

・・・・・・・・!

スーヒロ
スーヒロ

給料から組合費が天引きされてるんですけど。

人事部の人
人事部の人

労働組合に強制加入してもらうよ。
組合費は給料の2%を給与から天引きするよ。

・・・・・・に、2%!?

スーヒロ
スーヒロ

先月の残業時間と残業代が合わないんですけど。

人事部の人
人事部の人

みなし労働という制度があって毎月一定時間サービス残業してもらうよ

スーヒロ
スーヒロ

あ゛あ゛あ゛ぁぁぁぁぁー4t8qt@[^.,g[ndf;g


出るわ出るわ、そんなの聞いてないよ~~ってやつ。


賞与が出ないと分かったときは、こんなツイートをしてしまいました。

スーヒロ
スーヒロ

こんなはずじゃなかった~
とならないようにしっかり事前情報をGETしておきましょう。

内定通知書の年収で確認しておきたいポイント

年収をUPさせたい転職の場合って必ず、現職と転職先の年収額を比較することになると思います。
その時に、年収額について最低限これだけは確認しておいてほしいポイントをまとめました。

どれも、内定通知書を読んだだけでは分からないので必ず、採用担当者に直接質問することが大事です。

1.想定残業時間
2.賞与の支払い条件
3.給料天引きになるもの
4.福利厚生の条件
5.休日形態

想定残業時間

内定通知書に書かれている年収額は多くの場合、想定残業時間を含めた金額で書かれています。
この想定残業時間が多いのか、少ないのかしっかり確認しておきましょう。

本当は全然残業がない部署なのに、月30時間残業を想定していたら年収額も変わってしまいますよね。

スーヒロ
スーヒロ

ちなみに私の場合は転職前から「新しい職場では残業しない」と決めていたので、内定通知書に書かれた残業時間は”0時間”で年収の計算をしていました。

賞与の支払い条件

私がチェックミスした項目です。
一般的な会社は、賞与って年2回(7月と12月)ですよね。
例えば新入社員で4月に入社した場合は、入社した年の7月賞与は気持ち程度。
12月賞与は満額もらえるというのが一般的だと思います。

ですが、会社によっては入社1年目は2回とも賞与が出ない会社があるんですね。
ここはしっかり入社前に確認しておきたいポイントです。

1回賞与をもらえなかっただけで、年収ガクッと下がりますからね。

給料天引きになるもの

給料から天引きになるものって社会保険料だけだと思っている方いませんか?
住民税や厚生年金、雇用保険料なんかは社会保険料として天引きされるのですが、
労働組合費、社員旅行積立金、財形貯蓄、制服費等も給料天引きになる可能性があります。

私が勤めている会社の場合は労働組合に強制加入しなくてはいけないんですね。
さらに基本給料額の2%を組合費用として支払う。。。。

こんな想定外の費用もありますので、社会保険以外で給料天引きになるものは入社前にしっかり確認しておきたいですね。

ちなみに給料天引きについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事が参考になります。

福利厚生の条件

福利厚生には次のようなものがあります。
社員食堂、家族手当、住宅手当、交通費、特別休暇、育児休暇、資格取得手当 etc…

サラリーマン
サラリーマン

前の会社では住宅手当が出てたんだけど、転職先の会社ではないのかぁ。。。

転職先の会社ではどんな福利厚生があり、現職と比較してどれくらい差があるかを確認しておきましょう。

これも年収額面だけでは分からない大事な要素です。

休日形態

休日形態(労働条件)を事前に確認しておくこともとても重要です。

サラリーマン
サラリーマン

あれ、でも休日形態って年収と関係ないんじゃないの?

確かに年収と直接関係ありませんが、「時間単価」という考え方で勤務時間に対する年収を把握することは大事です。

例えば、
A:年間勤務日数が250日で年収500万円の会社
B:年間勤務日数が300日で年収520万円の会社
があったとします。

Aの会社は500万円÷250日=2万円/日
Bの会社は520万円÷300日=1.7万円/日
となります。
Aの会社の方が、年収は低いけど「時間単価」は高くなるのです。

休日形態について特に以下の点はよく確認しておいた方がいいです。

・年間休日日数はどれくらいか。
・有給平均取得日数はどれくらいか。
・週休2日制とは土日休みのことか。

なお、日本にある会社の平均は以下のようになっています。

■年間休日日数・・・120日

■有給取得日数・・・9日間(年間)

厚生労働省「平成29年就労条件総合調査」より

また、週休2日制と謳(うた)っていますが、祝日は休みにならなかったり、土曜出勤が月に1回あったり、本社と支店で休日日数が違ったりしますので、事前にチェックしたいポイントです。

スーヒロ
スーヒロ

・福利厚生
・賞与がいつからもらえるか
・社会保障以外に支払う費用
・休日、残業の規則
この辺りはしっかり転職前にリサーチしておきたいですね。

内定通知書の年収が違う時の対処法

今回の私の事例のように、内定が決まって入社した後に年収が思っていた条件と違った場合の対処法はあるのでしょうか。

結論から言うと、自分で会社側と交渉するしかありません。

内定が決まる前や入社前、入社直後だったら、対策できるのですが、
入社して数か月経過しまうと交渉が厳しくなります。

そこで、入社前に後悔しない行動ポイントを紹介します。

内定通知書はデータでもらう

内定通知書や労働条件が書かれた資料はデータでもらいあとでじっくり確認しましょう。
分からないことがあれば、転職エージェントやコンサルタントの方に聞いたり、企業に直接問い合わせるのもありです。

会社口コミサイトをフル活用

企業分析の際に口コミサイトを確認すると思いますが、内定が出た後も口コミサイトをよーく確認しましょう
実際にその会社を辞めていく社員が口コミを書いているので、社風や不満が嘘偽りなく書かれていることが多いです。

個人的におすすめなサイトは「Open Work」です。
色々な口コミサイトがありますが、「Open Work」が一番口コミ数が多くて、見やすいです。

スーヒロ
スーヒロ

まず、自分の勤めている会社の口コミを書かないと見れないので、
口コミを提供した後にフル活用するのがおすすめです。

会社口コミサイト Open Work

先輩社員に直接聞く

転職する際に、先輩社員と話す機会を設けてもらうのがとても効果的です。
自分が配属される予定の部署の先輩だと尚いい情報がもらえると思います。

サラリーマン
サラリーマン

採用担当の人はこんなこと言ってたんですが、実際どうですか?
働き方で不満とかありますか?
何でこの会社で働こうと思ったんですか?

こんな感じで質問すると意外と素直に答えてくれます。

転職エージェントやコンサルタントを通じて企業側にお願いすると、案外応じてくれます。
私も実際に先輩社員と入社前のZoom面談を実施しました。

自分の人生にとって大事な選択だからこそ、こだわりを持ってとことんリサーチしましょう。

まとめ:労働条件はとっても大事

今回は私の失敗経験をもとに、転職に関する情報をお伝えしました。
以下この記事のまとめです。

【私の失敗】
・初年度の年収がそれほど上がらなかった。
・内定通知書の事前確認が不足していた。

【内定通知書の確認ポイント】
1.想定残業時間
2.賞与の支払い条件
3.給料天引きになるもの
4.福利厚生の条件
5.休日形態

【内定通知書の条件と違う時の対処法】
・内定通知書をデータでもらってよく確認
・会社口コミをフル活用
・先輩社員に直接聞く

転職活動って人生にかかわる大事な選択なのに、あまり周りに相談できる人少ないですよね。
私も同じ状況で転職活動をしていました。

本当に不安な中での活動になりますが、
1冊の本に出会って、わくわくする転職活動をすることができました。

・良いエージェントと悪いエージェントの見分け方
・こんな転職先は避けた方がいい!
・自分が転職先で活躍できるか確認方法
・自分の強みと強みの生かし方
・好きなことを見つける方法


こんなことがすべて1冊の本で学ぶことができます。
少なくとも転職活動で大失敗をすることは避けられると思いますので、ぜひ手に取って読んでみてください。

しっかり準備してリサーチすればきっと人生が豊かになる選択ができます。

今後もこの記事では皆さんに有用な情報を発信して、少しでも豊かな人生の手助けをしていきたいと思います。

記事に関する感想や、ためになったよ!などのお声がありましたらコメントも頂けると嬉しいです。

それでは!
Enjoying My Life!

コメント

タイトルとURLをコピーしました