IIJ mioの魅力!7社比較して分かった楽天モバイルと併用が最強な理由

楽天モバイル
スポンサーリンク

楽天モバイルの1年間無料キャンペーンが終わりそうだけどどうすればいい?

楽天モバイルに最適なデュアルSIMの組み合わせを教えて!

IIJ mioがお得って言われてるけどその理由は?


今回は、楽天モバイルユーザにおすすめ格安SIM「IIJmio」を紹介します。

楽天モバイルとIIJ mioのデュアルSIM運用で最安・最適プランを組むことができます。


楽天モバイルの1年間無料キャンペーン期間が終わりそうだから、解約しようと思っていた方も多いのではないでしょうか?

楽天モバイルの0GB未満で月額無料や通話し放題のサービスはとても魅力的です。
でも、楽天モバイルにも様々なデメリットがあります。

そのデメリットだけを解消する方法があることをご存じでしたか?


そこでこの記事では、楽天モバイルとIIJ mioの組み合わせが最適な理由と、おすすめのデュアルSIM活用方法についてお伝えします。

この記事を読むことで、楽天モバイルのメリットを最大限に生かして最安プランでスマホを使うことができますよ。

\契約手数料1円キャンペーン中/

楽天モバイルとIIJ mioの特徴

デュアルSIMを検討するときに、2つの通信プランの特徴を知っていれば、どれを選べばいいか検討しやすくなります。

今から、楽天モバイルとIIJ mioの特徴を詳しく説明しますね。


楽天モバイルのメリット・デメリット

楽天モバイルのメリット・デメリットをまとめるとこのようになります。

メリット

●データ通信1GB未満で月額料金0円

●通話アプリ使用で通話し放題

●自社の通信回線を持っている

●契約しているだけでSPU+1倍

●各種手数料が無料

●店舗で契約できる

デメリット

▲楽天回線エリアが狭い

▲都心だと圏外になる可能性がある

▲楽天サービスが改悪される可能性がある

▲パートナー回線だと5GB以上の通信で速度制限

▲パートナー回線だと速度制限かかってもデータ使用量がカウントされる

SPUとは楽天市場での買い物する時のポイントサービスです。
月間データ使用量料金(1回線目)料金(2回線目以降)
0~1GB0円1,078円
1GB~3GB1,078円1,078円
3GB~20GB2,178円2,178円
20GB以上3,278円3,278円
楽天モバイル新プラン料金表(税込み)
2回線目以降は1GB未満でも0円にならないので注意してください!


楽天モバイルの特徴はデータ使用量に応じて、契約プランを変更する必要がないところです。

また、楽天リンクという通話アプリ使用で通話し放題が大きなメリットになります。

楽天リンクは通話品質が悪いという口コミがありますが、
普通の通話をする分にはストレスを感じないレベルだと思います。


楽天モバイルのメリット・デメリットについてもっと知りたい方はこちらを参考にしてください。

【iPhone】でも楽天モバイルは使える!申込み方法と実際の使用感をレビュー


IIJ mioのメリット・デメリット

引用:IIJmio

IIJ mioの主なメリット・デメリットは次のようなものがあります。

メリット

●プランが分かりやすくて豊富

●ドコモ・au回線を使用している

●月額料金が安い

●データの繰り越しやシェアができる

●解約違約金が無料

デメリット

▲通話し放題プランがない

▲eSIMは通話プランがない

▲お昼は回線が遅い

▲データ容量の追加購入がwebからできない
(2021年6月~web購入可能になる予定)

プラン通話+データ
(物理SIM)
SMS+データ
(物理SIM)
データのみ
(物理SIM)
データのみ
(eSIM)
2GB858円825円748円440
4GB1,078円1,045円968円660
8GB1,518円1,485円1,408円1,100
15GB1,848円1,815円1,738円1,430
20GB2,068円2,035円1,958円1,650
IIJ mioプラン料金表(税込み)
データ容量をオーバーすると最大300kbpsの低速通信になります
データ容量は0.5GB 1,500円で追加購入ができます


IIJ mioは2008年からスマホ通信サービスを提供している老舗格安SIM会社です。
10年以上通信サービスを提供していますが、大きな障害トラブルはなく安定的な品質が強みです。


私も2年間IIJ mioを使用していたことがありますが、通信ができなくて困ったことはありませんでした。
(LINEの年齢認証ができなくてLINEモバイルに変更しましたが、2021年からIIJ mioもLINEの年齢認証が可能となっています。)

格安SIMの中では長年の実績があって通信品質も安定。

だけど、格安SIMなのでお昼時の速度は遅いときもあります。


スマホ料金を安くしたいなら楽天モバイル×IIJ mioが最強な理由

スマホ料金を少しでも安くしたい人に、楽天モバイルとIIJ mioのデュアルSIMがおすすめな理由を紹介します。

オススメの理由
  • 楽天リンクで通話料無料
  • データプランはIIJ mioのeSIMプランが最安
  • 楽天モバイルのデメリットをIIJ mioがカバー


最安の組み合わせは「楽天モバイルの物理SIM」×「IIJ mioのeSIM」です。


楽天リンクで通話料無料

Rakuten Link
Rakuten Link
開発元:Rakuten Group, Inc.
無料
posted withアプリーチ

楽天モバイルに契約していると、楽天リンク(アプリ)から電話を発信すれば通話料金0円で通話し放題です。

つまり、楽天モバイルは通話専用に設定して使えば、月額の通話代は無料になります。


注意点として、楽天リンクはデータ通信を使用して通話をするアプリです。

通話しているときのデータ通信量は、メイン回線で使用しているデータ消費量にカウントされてしまうので注意してください。


楽天リンクのデータ消費量が気になる方はこちらの記事もご確認ください。


楽天モバイルは通話専用、
IIJ mioはデータ専用で使用するのがおすすめ!


【7社と比較】データプランはIIJ mioのeSIMが最安

格安SIMってたくさんあってどれが一番いいのか分からないな~

月額料金だけで言うとIIJ mioのeSIMデータプランが最安です。

月額料金が安いものだけピックアップして料金比較してみました。

データ通信のみのプラン、1か月10~15GB使用する前提で通信SIMプラン7社を比較しました。

私がIIJ mioを選んだ時に、実際に調べた通信プランから厳選した7社です。

 ロゴ 通信プランデータ容量 月額料金 評価・特徴
日本通信SIM
(合理的プラン)
20GB2,178円ドコモ回線
70分通話し放題付
契約手数料3,300円
LINEMO20GB2,728円ソフトバンク回線
LINEのデータ消費ゼロ
契約手数料0円
IIJ mio
(eSIMギガプラン)
15GB1,430円ドコモ回線
契約手数料3,300円

↑今なら契約手数料1円
BIGLOBEモバイル12GB2,970円au/ドコモ回線
契約手数料3,300円
+1,078円でエンタメフリー
FUJIWifi
(SIMプラン)
10GB1,078円ソフトバンク回線
契約手数料3,300円
デポジット料金5,500円
OCN モバイル ONE10GB1,760円ドコモ回線
契約手数料3,300円
ドコモ系格安SIM通信速度満足度1位
mineo(マイネオ)10GB1,705円au/ドコモ/ソフトバンク回線
契約手数料3,300円
格安SIM顧客満足度1位
格安SIM7社厳選比較(表示価格は税込み)


IIJ mioの15GBで月額1,430円は破格の値段です。
データSIM専用でeSIMのみのプラン回線はドコモのみとなっていますので注意してください。

通信プランやキャンペーンは期間によって変更の可能性がありますので、詳細は各社ホームページよりご確認ください。

FUJIWiFiも安いんだけど初期費用がかかっちゃうから、やっぱりIIJ mioがおすすめだよ!


IIJ mioが楽天モバイルのデメリットをカバー

楽天モバイルの最も大きなデメリットは、回線エリアの狭さです。
auやドコモ、ソフトバンクとは違って、楽天モバイルは建物や地下になると届きにくい電波を利用しています。

また、東京や大阪などの都心ではパートナ回線の提供が終了しています。
圏外になってしまうリスクがあります。


その反面、IIJ mioはドコモやauの回線を利用しています

お昼時の回線が込み合ってる時間帯は通信速度が遅くなることがありますが、全くつながらなくなるというリスクはとても少ないです。

IIJ mioをデータ専用に設定すれば、通信ができなくなるリスクは減らせるよ!


IIJ mioはこんな人におすすめ

スマホ通信プラン選びで完璧はありません。
住んでいる地域や使用頻度、好みの問題で個人差があるからです。


この項目では、IIJ mioが向いている人を記載しますので参考にしてみてください。


楽天モバイルの1年間無料キャンペーンがそろそろ終わりそうな方

楽天モバイルは2020年4月から300万人限定で、月額料金が1年間無料で使えるキャンペーンを実施していました。

そして2021年4月からは、データ通信量1GB未満で月額料金0円というプランに代わりました。


つまり、1年間無料キャンペーンが終了しても、データ通信を1GB未満におさえれば月額0円で通話し放題のプランになります。

IIJ mioと組み合わせれば、月額料金をおさえたままデータ通信も通話もできるようになります。

IIJ mioはドコモ回線だから、楽天モバイルの回線エリアの狭さもカバーできるね。


eSIM対応のスマホを持っている方

IIJ mioの最安プランはeSIMプランです。

eSIMでIIJ mioのデータプラン、物理SIMで楽天モバイルの通話プランで最安プランを組み合わせることができます。


eSIM対応のスマホ端末一覧はこちらからご確認ください。

eSIM対応のスマートフォン人気ランキングー価格.comー


すでに楽天モバイルをeSIMに設定している方は、無料でeSIMから物理SIMに交換することができます。

私も実際に、楽天モバイルでeSIMから物理SIMに変更したことがあります。

申し込みをしてから、即日無料で物理SIMが届いたのでとても便利でした。


楽天モバイルの物理SIM発行方法はこちらから確認できます。

楽天モバイルSIM再発行手順(公式サポートページ)


とにかくスマホ料金を下げたい方

楽天モバイル×IIJ mio(eSIM)のデュアル運用は2021年5月現在、最安のスマホプランとなります。

前章で格安SIM7社比較した結果を見てもIIJ mioのプランが圧倒的に安いのがわかります。


ポイントは楽天モバイルは通話し放題なのに月額料金無料というところです。

楽天モバイルもIIJ mioも解約手数料が無料ってところも嬉しいね。

月額料金が安い分、通信速度は他社よりも少し遅くなるよ。



まとめ 最強の組み合わせでスマホ料金を安くしよう

楽天モバイルとIIJ mioのデュアルSIM運用でスマホ料金を最安にできることが分かったと思います。

しかも通話し放題、データプランは自分に合う容量から選べるのは嬉しいですね。


今回紹介したポイントは以下の通りです。

楽天モバイル(物理SIM)×IIJ mio(eSIM)が最強
  • 楽天リンク使用で通話し放題
  • IIJ mioは格安SIMの中でも最安
  • データプランは2GB~20GBまで選べる
  • 楽天回線エリアの狭さをIIJ mioでカバーできる
  • お昼の時間帯は通信速度が少し遅くなる


IIJ mioは長年の経営と通信品質の実績がある格安SIMブランドです。

楽天モバイルの1年無料キャンペーンが終了しても、IIJ mioとデュアルSIM運用で、スマホ料金最安を狙うことができます。

どちらも契約期間の縛りや、解約手数料が無料なので試しに使用を検討してみてはいかがでしょうか。


楽天モバイルと相性抜群のIIJ mioの特徴を説明させていただきました。

スマホ料金が安くなって、あなたの生活が少しでも豊かになれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。


\今なら契約手数料1円/
\3か月間プラン料金無料/

コメント

タイトルとURLをコピーしました