一人暮らしの生活固定費を1年間で20万円節約した3つの方法

日常生活
スポンサーリンク

普通に生活をしているんだけどなかなかお金が貯まらない。
一人暮らしを始めて我慢しないで節約したいんだけど何から見直して良いかわからない。
一人暮らしってどれくらいお金がかかるんだろう。

こんなこと考えている方いらっしゃいませんか。

私は5年間一人暮らしをしていました。
最初の方は全く節約できなくて、毎月泣きながら生活していましたが、
5年後には1年間で80万円の節約できていました。

節約って我慢しなきゃいけないし大変そう、、

こんなこと思っている人多いと思うのですが、全くそんなことありません。
もちろん私は仙人みたいな心の削れる節約生活をしていたわけでもなく、
高年収のエリートサラリーマンだったわけでもありません。

フツーのサラリーマンがフツーの生活をしてでも、節約はできます。
今回は固定費の見直しにスポットを当てた節約方法と、一人暮らしの生活費を紹介します。

今回紹介する固定費節約にはいろんなメリットがあります。
〇一回行動すればその先ずっと節約効果がある。
〇生活を我慢しないで(質を落とさないで)節約ができる。
〇誰でもスマホで簡単にできる。


家族暮らしの方でも参考になると思いますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

生活固定費を見直す3つのポイント

生活固定費は下記3つのポイントで見直してください。

1.保険代
2.光熱費(電気・ガス)
3.通信費

一つずつ紹介していこうと思いますが、私は「お金の大学」という本の影響をかなり受けています。
もしこの本を持っていて内容が完璧に頭に入っている方はこの記事では物足りないかもしれません。
本が気になる方はこちらで確認してみてください。

No.1 保険代を見直す

皆さん、民間保険は加入していますか?
私の結論ですが、一人暮らしの場合民間保険はほとんど必要ありません

生命保険、医療保険、がん保険、個人年金。。。。
これらはすべて不要です。

理由は強制的に加入している国民保険がかなり優秀で、ほぼすべての保険をカバーしてくれているからです。
国の年金制度も破綻する確率はかなり低いです。
入るべき保険は2つだけ!
火災保険と自動車保険(車両保険は不要)のみです。

見直し方法は簡単です。
ネットで一番安い保険を探して、乗り換えるだけです。

火災保険は賃貸を契約したときに自動で加入してしまったかもしれませんが、ほとんどの場合、割高な保険に入らされています。
なので今すぐほかの保険会社から見積もりを取って変えてしまいましょう。

火災保険無料一括見積もり【KURABEL(クラベル)】|保険見直しラボ
火災保険の一括見積もりは【KURABEL(クラベル)】をご利用ください。火災保険・損害保険の比較・無料一括比較をしてお客さまに最適な火災保険をご提案させていただいております。

自動車保険もネットで探せば今より安い保険会社が見つかるかもしれません。

自動車保険の一括見積もり&比較!【保険スクエアbang! 自動車保険】
自動車保険の無料一括見積もりは【保険スクエアbang!】各保険会社の保険料を今すぐに比較できます。自動車保険ランキング、口コミも要チェックです。さらに、保険の選び方や節約法を初心者にもわかりやすく解説。

No.2 光熱費を見直す

電気代はこまめに電気を消すとか、コンセントを抜いたりしている人も多いと思います。
お風呂は週一しか入らないとか。。。
それよりももっと効果的な方法があります。

それは、電力会社・ガス会社を変えることです。
昔は電力会社やガス会社は変えられなかったのですが、今は自由化でいろいろな会社を選べます。
これも賃貸なら、最初に契約してしまってから変えてない方が多いと思います。
下記のような指針表があればすぐに光熱費代の比較できます。
これは電力の指針表ですが、ガスも同様に毎月ポストに入っていると思います。

こちらも一括比較サイトを載せておきますのでチェックしてみてください。

電気代見直しNo.1サイト「エネチェンジ」 / 電気とガスのかんたん比較
エネチェンジは、テレビや新聞雑誌に多数掲載されている、国内最大級の「電気・ガス代の見直しサービス」です。2016年の電力自由化により電気が選べるようになりましたが、2017年4月には都市ガスが自由化され、電気だけでなくガスも選べるようになりました。毎月かかる電気代やガス代、光熱費の節約額比較は、エネチェンジの診断サービ...

※水道代に関しては行政で金額が決められているので今回の節約項目からは除外しています。

No.3 通信費を見直す

携帯の通信会社はどこを使っていますか?
もしかしてまだ3大キャリア(docomo、au、Softbank)使ってませんよね?(笑)

もしまだキャリアの通信会社を使っている人は格安SIMに変更を検討してみてください。
今のおすすめはRakuten UN-LIMITです。
1年間通信料無料は固定費削減にかなり大きな効果を発揮してくれますよ。

以前こちらの記事でも紹介していますので、詳しく知りたい方はチェックしてみてください。

もし、楽天回線エリアに住んでいたら通信制限無制限なのでWi-Fi代もかからなくなります。

楽天モバイルの1円スマホ”楽天ミニ”を購入しました!!
楽天モバイルの新サービスRakuten UN-LIMITの新規登録と1円端末楽天ミニを購入しました。これから使ってみよう検討している方にメリット・デメリット・使ってみた感想をまとめてみました。

Rakuten UN-LIMIT以外の格安SIMだと、「BIGLOBEモバイルと「UQモバイル」がおすすめです。
持ってるスマホによって回線を選ばないといけないので注意してくださいね。
(SIMフリースマホはどの回線でもOKです!)

ちなみに固定光回線は早くて安定していてとても便利ですが、家でそこまで早い通信速度いらないよって人はモバイルWi-Fiをおすすめします。
私が契約しているのは「どんなときもWi-Fi」なんですが、大きな通信障害の影響で今は新規契約ができなくなっています。

代わりに「Nomad SIM」というモバイルWi-Fiをお勧めします。ぜひ検討してみて下さい。

\契約期間の縛りなし/

一人暮らし歴5年の生活費まとめ(1か月あたり)

いかがでしたでしょうか。
今からすぐできるものばかりでしたよね(‘ω’)ノ

最後に私が実際に実践して節約できた項目を一覧にしてみました。

  • 通信費(スマホ代) 8,000円 → 1,000円 ▲7,000円
  • 通信費(Wi-Fi代)  4,500円 → 3,500円 ▲1,000円
  • 電気代       3,000円 → 2,500円 ▲500円
  • ガス代       3,000円 → 2,500円 ▲500円
  • 自動車保険     12,000円 → 5,800円 ▲6,200円
  • 火災保険      2,000円 → 400円 ▲1,600円

合計 29,500円 → 15,700円 ▲16,800円
※食費や雑費、投資などの生活費は含んでいません。

年間にして約20万円の節約効果となりました。
大事なことは生活の質は全く変わっていないということです。

もしもっといろいろな節約方法を知りたい方は最初に紹介した本を読んでみてください。
さらに細かく実践的な内容がたくさん書かれていますので。

それでは、皆さんの人生がより良い方向に行くことを応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました